オランジェットの制作過程

こんにちは!沖縄のクレイスイーツ作家、Liccaです。

実はわたし、腰を思いっきり痛めてしまいまして……。ここしばらくは日常生活もままならない状態に陥っておりました。
どうやら片足の靭帯を損傷したまま放置しすぎてしまったのが原因らしく、動くと激痛→何もしなくても激痛といった感じにレベルアップ。
もともと腰痛持ちなので、悪化するまで気づかなかったよ;


本日はオレンジコンフィと、それを使用したオランジェットの制作の流れを公開したいと思います♪
といっても画像ストックが少ないため、超アバウトになってしまいました。そのうち再度撮影して書き足す予定なので、興味のある方は更新をお待ちくださいね……!

【完成画像】

通常のオレンジに比べると透明感があり、果肉がトロリとしてるのがお分かり頂けるでしょうか。
オランジェットはブリュレに負けず劣らず試行錯誤や改良を重ねているので、ひとつひとつの制作にだいぶ神経を使います(今後も進化は続きます…)

【フェイクスイーツ】オランジェットの制作過程

1.樹脂粘土モデナを使って、原型を制作していきます

本体に使用するのはすけるくんという透明感の強い粘土なのですが、乾燥後にかなり収縮してしまうため、仕上がり予定よりも一回り大きめに原型を制作する必要があります。

いきなり完成形ばばん。笑

必須アイテムは、ピンセット!
他にも野菜の皮むきスポンジや爪楊枝などを駆使して、このような形と質感をつくっていきます。
果肉部分は後から制作するため、大きく窪ませています。

2.すけるくんで型を複製&皮部分の着色

オレンジ+イエロー(ホワイトも少量混ぜてもいいかも)で薄く着色したすけるくんを使って原型を複製します。

その際ピンセットなどを使ってひとつひとつのオレンジに個性を出していきます。まったくおなじ形なんてつまらないものね。
乾燥したら皮部分や筋部分を薄めた塗料(ホワイト、イエロー)で着色します。ここまでで約2週間。

3.エポキシ接着剤で果肉付け作業

乾燥したら果肉を付けていきます。エポキシ接着剤をオレンジ色に着色して流し込み、硬化するまでの数分間ひたすら楊枝やヘラで質感を付けまくります。うっかりしてるとフラットな状態で固まってしまうので注意が必要です。

ちなみに、ここに至るまでの塗料はすべてタミヤカラーのアクリル(クリア)を使用しています。

最後に全体の色味を調整して、ようやくオレンジコンフィの完成です☆

チョコをつけてオランジェットに

樹脂粘土モデナを水で溶かし、ブラウン系の絵具を混ぜてチョコレートソースを作ります。
その中にオレンジコンフィをちゃぷん。

はい、オランジェットの完成です!ざっくり!

いかがでしょうか?
かなりアバウトではありますが、私のブログにしては珍しく長文なのでは……!
需要があれば、こういった記事も時々載せていきますね。

ちなみに、こちらのオランジェットは【リアルかわいい♡フェイクスイーツ教室】の中級コースカリキュラムにもなっております~!

沖縄県内にお住まいの方で、より詳しく粘土について学びたい方はぜひ!(宣伝w)

ではでは、またの更新で☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました