【作品紹介】クレームブリュレのオブジェ2種*ラズベリーのせ&いちごのせ

おはようございます、アリア‐食べられない洋菓子店-のLiccaです。

今日も今日とて暑い沖縄。私は体質的に汗をあまりかかない人間なのですが、アシスタントでありパートナーでもあるkei姉さんが暑がりなのでつらそうです。

(たまに私のことが書いてあるーって笑ってたので今回は冒頭で書いてみるチャレンジ。いつ気が付くかしら)

さて、本日は新作のご紹介です♪部分的に作り方も公開していますので、よければチェックしてみてくださいね。

【フェイクスイーツ】クレームブリュレのオブジェ

作品画像1

こんがりパリパリのクレームブリュレに、甘酸っぱいベリーをデコレーションした姉妹作品です。インテリアとして飾るのはもちろん、お好きなプレートに乗せてアクセサリートレイとして利用するのもおすすめです♪

アリアといえばブリュレ、みたいな認識が自分の中ではあるのですが、フルーツをトッピングした作品は今回が初めて。

カラメリゼ部分が隠れすぎないように、配置に気を使いながら制作しました。

スライスいちごデコレーションver

いちごと赤すぐり、ミントの葉、ホイップをトッピングしています。華やかさ+可愛らしさをイメージした作品です。

デコレーション部分をアップ。3つ並んだスライスいちごがつやつやで可愛い。

ラズベリーデコレーションver

それっぽくスプーンでつついてみた

ラズベリーとブルーベリー、ミントの葉、ホイップをトッピング。こちらはシンプルで大人っぽい仕上がりになりました。

いちごverは妹感、ラズベリーverはお姉ちゃん感がでていますね(?)。

透明粘土すけるくんで制作した、つやつやのラズベリーがお気に入りです。視覚を通して甘酸っぱさが伝われ!と思いながら作りました。

こだわりの表面(カラメリゼ)部分は、溶けだしたグラニュー糖の質感を再現できていたら嬉しいです。

使用素材

トッピングパーツ:樹脂粘土(グレイス、モデナ、すけるくん)、クリーミィホイップ
ブリュレ部分:軽量(ハーティ)樹脂粘土(モデナ)
カラメリゼ:UVレジン、グラスビーズ、ジェルメディウム

粘土の種類まで細かく書いているのは、自分のための覚書+フェイクスイーツ・スイーツデコを実際に制作している読者さんへ何かしらのヒントになればという気持ちからです。

というのも、私がまだ駆け出し作家だったころ、作り方や素材の情報をひたすらネットで調べまくっていた記憶があるんですよね。

今では「こういう作品を作ろう」と思いついたら自分の経験をもとに素材を選んで試作と実験を繰り返すのですが、このブログにたどり着いた、かつての私のような駆け出し作家さんに向けて、足掛かりになるような情報を残しておきたいなぁと。

ご購入いただいているお客様には何を書いているのかさっぱりかもしれません、お許しを…!

作品はminneにて販売中です

いちごver販売ページ

ラズベリーver販売ページ

【作り方をちょこっと公開】カラメリゼの表現

カラメリゼ前のブリュレさんに、すこし焼き色を付けたところ。筆とスポンジを使い、薄い色から濃い色へと少しずつ色を重ねていきます。本物のブリュレはガスバーナー等で加熱するため、それを意識して、最も熱の当たりやすい中心部分が一番濃くなるイメージです。

塗料は黄土色とオレンジ系のブラウン、ブラウンを使用しています。何度か重ねてだいぶこんがりしてきました。まだまだ薄いですが、このあたりで一旦UVレジンを流し込みます。

硬化後。正直ここは企業秘密にしたいポイントですが(笑)、UVライト照射前に少しだけグラスビーズを散らしています。そしてレジンの上からさらに焼き色をつけていきます。

だいぶ美味しそうになりました。この過程の繰り返しで、こんがりパリパリな質感を作ります。

最近の話

自慢したいことがあるのです。

私の作品を購入してくださるお客様は、なぜかとても丁寧で優しい方が多いんです。いつもメッセージをやりとりしながら、暖かい言葉の数々に癒されています。

現在はminneだけでなく、いくつかの通販サイトを通して作品を販売しているのですが、どのサイト経由で知り合ったお客様もびっくりするほど優しくて暖かい。これ、本当に自慢できる。

ネット販売を始める前は正直怖かったんですよ、トラブルとかよく聞くし。これから少しずつそういったことも経験していくのかもしれませんが、それでも親切なお客様のほうが圧倒的に多いと確信しているから大丈夫。

ブログまで読んでくださる購入者様がいるかは分かりませんが、この場を借りて改めて感謝を伝えたい。

本当にありがとうございます。

では☆


オーダーのご相談や講師依頼、イベントのお誘いはこちらのお問い合わせフォームよりお願いいたします

コメント

タイトルとURLをコピーしました